これまでジュニア世代の大会があっても、あくまでジム単位や地域単位の大会などで、多くは試合すらできない環境にありました。

日本プロボクシング協会が15歳以下のジュニア世代の強化の必要性を感じ、2007年よりU-15実行委員会が設けられ、第1回は2008年8月24日に後楽園ホールで開催されました。

U-15は初めて全国規模で統一ルールによる大会となりました。小学生(4〜6年生)・中学生(1〜3年生)それぞれの部に分け、更にそれぞれ体重別階級によって細分化した上でトーナメントを開催。地区協会ごとで予選となる地区大会を行い、優勝者は全国大会に出場できます。

出場資格はボクシングジム(日本プロボクシング協会所属ジムのみ。地区大会に限り日本アマチュアボクシング連盟所属ジムも可。)に所属する小学4年生から中学3年生まで。

選手の所属ジムは伏せられ、プロのセコンドが付くことも禁止されています。

《ルール》

グローブ(14オンス)・ヘッドギア着用(大会主催者が用意するもの以外は使用不可)
トーナメントは小学生2分2R、中学生2分3R。ワンマッチは90秒2R。
1クリーンヒットでダウン、1Rで2度または1試合で3度ダウンするとRSC。