シャドウボクシング

入会前体験では一通りの練習(シャドウボクシング、サンドバッグ、パンチングボール、ミット打ち、シングルパンチングボール、縄跳び)を体験していただきます。普通は3分1ラウンドで行いますが、今日は体験なのでラウンドに関係なく説明しながら練習を進めて行きます。

まず最初に体験者に鏡に向かってファイティングポーズを取ってもらいます。今回の人は右足前で左手が前のオーソドックスなタイプなのでこのスタイルで体験してもらいます。

ボクシングの基本の構え方

攻撃・防御の起点となる基本姿勢を最初に教えます。床の上に一本の青いテープを貼り、そのテープをまたぐようにしてスタンスの取り方、左右腕の構え方の基本を学んでいただきます。

ジャブとワンツー

最短に相手に当てられるパンチ(今回の人の場合左手)であるジャブの打ち方を教えます。次にジャブと連動して右ストレートを打つワンツーを学んでいただきます。各パンチの打ち方とステップワークの基本を福田トレーナーが手取り足取り丁寧に教えます。

ステップしてジャブとワンツー

前のパンチの応用で一歩踏み出して打つジャブとワンツーを練習していただきます。踏み込む時のステップワークがとても重要になります。


サンドバッグ

これは入会5日目からのメニューですが、今日は体験なので少しやってもらいます。拳や手首を保護するためにバンデージしてグローブを付けますが、今日はバンデージしませんので気をつけて下さい。

前のシャドウボクシングでやった基本の構えジャブ・ワンツーステップしてジャブ・ワンツーをサンドバッグを使って練習します。またバックステップによる相手パンチからのディフェンス方法も学びます。